最新の金箔情報まとめ

金箔のすすめ

食用金箔の使い方とはどのようなものがあるのか

食用金箔の使い方とはどのようなものがあるのか よく旅行先の旅館などで料理を食べるときに金箔が振りかけられていることがあります。
一度も食べたことがない人だとこんなものを食べて大丈夫なのかな、と思う場合もありますが、これは食用金箔と呼ばれるもので体に害は全く無いので安心してください。
かといって、食用金箔自体に味があるわけでも匂いがあるわけでもありません。
見た目が豪華になる、これこそが金箔を使う理由といえます。
食用金箔をお土産にもらうことがあります。
実際貰ったときにどのように使えば良いのかわからない、という声をよく耳にします。
先程も申し上げたように、入れたとしても味や匂いに変化はないのでどんな食物に使っても問題はありません。
例えば、よく使われるのがスイーツです。
ケーキやカステラといった商品に使うと、ちょっとした高級感を演出することが出来ます。
その他の使い方としては飲み物に入れてみると言う方法もありです。
例えば、日本酒に浮かべてみてください。
月明かりが見えるところでこのお酒を飲むと、キラキラとしていつもと雰囲気の違うお酒を楽しむことが出来ます。
ワインに浮かべるのも悪くありません。
また、クリスマスやお正月といったイベントごとにも使いやすいと思います。

食用金箔を使っていつものレシピに華やかさをアップ

食用金箔を使っていつものレシピに華やかさをアップ 食用金箔は無味無臭で味はありません。
見た目が美しく、豪華になるため、おめでたい席や贈答用、お土産などに使われています。
金箔は、金に銅や銀を混ぜてから延ばして作っていきますが、食用は銅は使っていません。
中毒症状がでないように、不純物を取り除いてから、純度が高い金箔が食用として使われています。
食用として利用するときに気になる点が金属アレルギーを持っている場合です。
金属アレルギーでも、純金はアレルギー反応は少ないため、症状がでることは少ないですが、注意が必要です。
食用金箔は大量に食べるものではないため症状がでないことが多いですが、食べてお腹を壊すこともあります。
不安な人は大量摂取せずにちょっとだけ試して確認してみることがおすすめです。
食用金箔のお手軽なレシピはコーヒーや日本酒に入れる方法です。
ふりかけるタイプの金箔が販売されています。
お菓子作りが得意な人はパウンドケーキなどにふりかえたり、市販のアイスクリームなどにもふりかけることができます。
お正月用に黒豆を作ったときに、金箔をふりかければおせち料理にさらに華やかさがアップします。
食用金箔を使えばいつもの料理が豪華さをアップすることができるので、特別な日に利用してみるのもおすすめです。

金箔の情報サイト

食用金箔